FC2ブログ

フットライトを新調

2019/2/17
こんばんは♪

皆さんのお宅はフットライト(足元ライト)を使っておられるでしょうか。
真っ暗な家の中をさりげなく照らしてくれるフットライトは夜中に廊下などを歩く際に重宝します。

この度、我が家では新しいフットライトを購入しましたのでご紹介します♪

今回は玄関を入った正面の壁コンセントに設置するとあってお客様も目にする機会が多い場所なので、ちょっとお洒落なフットライトを探していました。
玄関の正面に設置したいと思った理由は、寝る前の鍵の施錠確認を容易にするためです。

寝る前の鍵の施錠確認については前々回の記事で鍵に蓄光シールを貼った事をお伝えしましたが、半分失敗に終わりました。蓄光シールというのは「照明の光を吸収蓄光して消灯時に発光する」というもの。つまり吸収しなければ発光しません。我が家の玄関ホールではあまり光を吸収しないのでしょう。暗くなってから長時間は発光しませんでした。

そして次なる鍵の施錠確認対策として実行したのが、玄関ドアの真正面の壁コンセントにフットライトを設置するという今回の方法です。

こちらが購入したフットライト♪
20190217-1.jpg

この様なステンドグラス調のフットライトを探していました。

アマゾンや楽天で検索しますとステンドグラス調のフットライトが沢山出てきます。
しかし駄目なんです。フットライトは暗くなったら勝手に点かないと意味がありません。売っている物はみんな自分でON-OFFをしなければならないタイプなので却下です。引き続き暗くなると勝手に点くステンドグラス調のフットライトを探しました。しかしどこにも売っておりませんでした。
アマゾン、楽天、ヤフーショッピング、ヤフオクでも見当たらず、最後にメルカリで検索していたところ、このフットライトに出会いました。そして試しに買ってみた訳です。これを出品されている方は既製品のフットライトを購入してガラスの用の絵の具でステンドグラス調にペイントして出品している様です。

ちなみにステンドグラスの下のプラスチック部分は本当は白なのですが、ブラウンの壁コンセントに合わせてスプレー塗装しました!  壁が白だったら、そのまま使用できたのです。


暗くなるとこういう感じに光ります!!

20190217-2.jpg

20190217-3.jpg

いかがでしょうか。

このライトのお陰で玄関ドアがほんのり照らされ、真っ暗でも鍵が開いているのか、閉まっているのか、容易に確認できる様になり、鍵のすぐ目の前まで行く必要がなくなりました。


真っ暗な玄関ホールを歩く楽しみが増えた我が家の夜でした♪


それではまた(^-^)/
スポンサーサイト

ドレッサーの引き出しに仕切りを追加

2019/2/10
こんにちは♪

皆さんの家にもある一条工務店のリュクスドレッサー。

20171229-1.jpg
この画像で言うと左下と右下部分には大きな引き出しが備わっています。

その引き出し内を訳あって4分割にしたいと思い、仕切りを設けてみました。

4つに仕切るにあたり方法を考えました。

≪案1 4つの箱を用意する≫
そもそもぴったりサイズの箱が売っているかと言う問題。多少のガタを覚悟すれば見つかると思いますが、隙間があいた分だけ収納力が減ってしまいます。

≪案2 レゴブロックを十字に積み上げて壁を作る≫
計算すると2×4サイズのブロックが700個必要。Amazonで100個入り3,420円で売っているので7袋買うと23,940円。
コスパが悪いし、見た目も良いとは言えません。

≪案3 樹脂製プレートをL型アングルで固定して十字に組む≫
この方法がベターと思いまして実行に移しました。


こちらが仕切り設置前
20190110-1.jpg

こちらが仕切り設置後
20190110-2.jpg

≪ポイント≫
・プレートは1mm単位での購入が可能でした♪
・収納力を極力増やすために薄い5mm厚のプレートを選びました♪♪
・透明のプレートを選び見映えを良くしました♪♪♪

それではまた(^-^)/

蓄光テープを貼りました

2019/1/26
こんばんは。

今夜は夜にちなんだ内容をお送りします。

我が家はUBキーガルを採用しておりませんので、採用しているご家庭の事は分かりませんが、
我が家では毎晩寝る前に最終施錠チェックをしています。

玄関ホールの照明が点いている場合は問題ないのですが、消えていると鍵が開いているのか閉まっているのか分からず、鍵の目の前まで行かなくてはなりません。
照明を点ければ済む話ですが、点けずに済む様に蓄光テープを貼ってみました!

20190126.png

左が照明点灯時です。テープが貼ってあるのが分かりますでしょうか。
右が照明消灯時です。見事に光っています。

お陰で土間に下りずに施錠確認が出来るようになりました。

一つ問題が。
せっかく買ったテープですが数センチしか使用せず…。他に使い道が無いものでしょうか。
アイデアが御座いましたらご教示くださいm(_ _)m

エコキュートのお手入れ

2018/12/30
こんにちは♪

先日、エコキュートのお手入れをしたという記事を拝見し、我が家も大掃除がてら実施しました。

我が家は三菱電機製のエコキュートです。

カバーを開くと、この様な感じでした。
20181230.jpg

貯湯タンクのお手入れをする際、画像の赤丸の排水栓を開くのですが、想像以上に固くてなかなか回りませんでした。
無理やり回して壊れたりしないかな?というくらい固かったのですが、渾身の力でなんとか回す事ができました。
固かった理由は、単純に固いだけ?の様な感じです。
つまみの中央に六角形の穴があいているので道具があれば簡単に回せそうですが、我が家は手で回しました。

開栓すると、タンクの下部にたまった汚れが排出されるらしいのですが、我が家はパイプが地中まで潜っているので排水されている水が汚いのか確認する事はできませんでした。

あまり充実感が得られませんでしたがお手入れ完了です!

取扱説明書によると年に2~3回程度のお手入れを推奨していますが、我が家は3年経って初めてのお手入れでした。これからは頻度を上げていきたいと思います(*^_^*)


お手入れ後、洗面所でお湯を出すと最初だけゴボッ、ゴボッと変わった現象が起きました。(゚д゚)
お手入れ時にエコキュートのタンク内に空気が入ったからでしょうか?

太陽光発電実績(3年経過)

2018/10/13
こんにちは。

セゾンF生活4年目に入った我が家。太陽光発電の実績が増えてきました。

そこで月毎の発電実績をグラフにまとめましたのでご紹介します (o^-^o)

20181013.png

画像をクリックすると大きく表示されます。

◎左の軸 kWh
緑が発電量。
青がシミュ値。1年毎に1%発電量が落ちる計算なので微妙に右肩下がりになります。

◎右の軸 h
赤が住んでいる地域の日照時間。(気象庁のHPより)

◎軸なし
ピンクの折れ線が発電率です。式は発電量÷日照時間。グラフ中央に分かりやすく表示させる都合、×100倍しています。

発電率を計算するには全天日射量を用いた方が良いとされていますが、私が住んでいる地域は観測していません。最寄だと東京になりますが、この場所と相関が取れているか分かりません。
そこで代わりに日照時間を用いたいのですが、日照時間と全天日射量は相関が取れているのか疑問です。
これについて広島市を例に調べている方がいました。両者の相関係数(R)は0.92~0.966という数値で、0.9を超えると「ほぼ完全な相関がある」と言えるそうで、発電率の算出に日照時間を用いて問題ないと私は判断しました。

発電率は毎年1%ずつ低下するとされています。青の折れ線のシミュ値がそれを表します。
つまり青い線とピンクの線は平行になる筈です。
しかし発電量÷日照時間で表したピンクの折れ線を見ると、全ての月が右肩下がりという訳ではありませんでした。
特に天候が不安定になりやすい夏季はピンクの線が上がったり下がったりしています。

20181013-2.png

しかし冬季を見てみると発電率がゆるやかな右肩下がりになっているのが分かります。
11月を例にすると2016年は2015年に対し4.3%ダウン、2017年は2016年に対し1.7%ダウン。1%ぴったりではありませんが少しずつ発電量が落ちている事が分かります。同様に12月や1月も緩やかな右肩下がり傾向です。

まだデータが3年分なのではっきりとした傾向が掴めませんが、データが蓄積されれば更にはっきりとした傾向が掴める筈です。


それではまた(^-^)/

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

タシ

Author:タシ
2015年9月に一条工務店『セゾンF』で新築しました♪ 悩んだこと、良かったこと、失敗したこと、色々記事にしていきたいと思います。
これから一条工務店で新築を考えている方々のお役に少しでも立てれば幸いです。

古い記事も画像や文章を時々変更加えておりますので、よろしくお願いします♪

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle訪問者sidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR